COLUMN of KEIKO KUREBE

暮部恵子のおしゃべりコラム

2019年07月19日

私には師と仰ぐ偉大な先輩が2人います。

一人は商業界ゼミナール全国女性同友会の名誉会長の西端春枝先生。98歳。

もうお一人は『元気に100歳クラブ』代表の向野幾世先生83歳です。『元気が最高のボランティア』という合言葉通りの方です。奈良女子大を出られて、障がい者教育60年。
その著書の『お母さん、ぼくが生まれてごめんなさい』は障がい者関係の方には有名な本です。
お二人には色々と共通点があります。まず体も頭もお元気。講演を聞かれる時は一番前でメモを取りながらで聞かれます。学ばれる姿勢は常に謙虚で、前向きです。何か事が終われば、必ずお礼状が来ます。何にでも興味津々で好奇心にあふれておられます。
そのお一人の向野幾世先生に、新潟に講演に行っていただきました。クレコスと一緒に仕事をしている社会福祉法人あおぞらさんとの共同開催です。


前日入りしてあおぞらソラシードを見学していただきましたが、その車の移動の途中もランチも夕食も、勿論施設に対しても興味津々。新潟というところを全て知りたいという思いに溢れています。少しの時間でもそこ、見に行きたい!と行動されます。
翌日講演の前には、横田めぐみさんの拉致された海岸線を車で走り、朱鷺メッセの最上階から新潟全体を360度見られ、その興味は尽きません。
当然のことながら、そのご講演もエネルギーいっぱいです。お洋服もアオザイに着替えられ、ご自身のお父様が脳性麻痺でいらっしゃった生い立ちに始まり特別養護学校の教師時代のお話、ご本のやっちゃんとの出会い、そのやっちゃんの15年の短い生涯のお話は涙無くては聞けません。そして先生がぼろぼろになっても持って歩かれている石川洋先生のご本『逃げたらあかん』の表紙。何かから逃げたくなった時に励まし続けられた言葉だとか…
その出版社の編集長だった方は、私の知り合いで東京から新潟まで聞きに来てくださって感動のお出会いをされました。

        
向野先生は退官後奈良たんぽぽの家の設立にかかわられ、今はNPO法人の理事長をされていますが、同居の御子息ご夫婦とお孫さんの家事をされている楽しいお話、「おばあちゃん、いつ死ぬの?」と聞かれたり「おばあちゃんの首に線路があるね」と言われて本気で憤慨していらっしゃる、元気なおばあちゃんの側面もあり、ヨーロッパへ年に一度は会議などで行かれる行動的なところも…しかももったいないからエコノミーで…とおっしゃる謙虚さなど、全てに教えを受けています。
最後には2本のろうそくを出され、まずあなたの心にろうそくの火をともしてください、そしてそれを周りの方に移していってください、一本の明かりが周りに灯されるとき、世の中は明るくなっていく、そのためにもまず自分の心に火をつけて。と『一燈照隅 万燈照国』のお話を皆さんに視覚に訴えてその講演を終えられました。
私は先を歩いていただける見事な先輩をお二人も持ち、幸せです。私の後ろに続いてくれている人たちに、この幸せな事柄を何分の一かでもお伝えしたいという思いでの講演会の企画でした。皆さんに喜んでいただけて目標の一旦は果たしました。これからもお二人の背中をしっかりと見ながら頑張ってまいります。

 

関西商工会議所女性会京都大会が、京都ホテルオークラで行われ、

奈良商工会議所女性会の一員として出席してまいりました。

 

近畿だけでなんと680名の女性経営者のお集まり!!

壮観というか、お賑やかというか…圧倒されます。

 

元京都府知事で大学准教授の山田啓二氏ご講演『今、女性が変わる関西から~文化×経済の視点』が総会に引き続きございました。今後の少子高齢化の現状を分かり易く数字で表現され、未婚率は23%にのぼり、高齢者単身世帯が増え、90歳で61%、95歳で80%が認知症になるとか!この現状を救うのは関西女性のソーシャルキャピタル(社会関係資本)だとのことです。ソーシャルキャピタルとは信頼とネットワークと規範が相互に関係して高度成長時代から安定成長時代へ移行していくという事だそうです。

明治時代、都が東京へ移り人口が減った京都を盛り返すため、京都の女性は、人づくり(学校作り)、イノベーション(西陣織の革新、産業支援、琵琶湖疏水など)勧業博覧会などの交流作りの3点で活躍し、正しく、ソーシャルキャピタルを駆使し、京都の発展に寄与したとのことです。

 多様な人々がコラボレーション(連携)とシェアリング(共有)をする時代に入っているとの事。社会が大きく変化する時には、可能性が広がり、女性の飛躍の時代が来るそうです。ご参加の680名の皆様に令和の時代の女性にリカレント(社会人になってから学び続ける事)の必要性を説き、関西でこれから開かれるワールドマスターズや万博を盛り上げるために、元気な関西の女性が経済の牽引役になるようにというお話でした。

 

懇親会は人間国宝、京舞の井上八千代氏による『万歳』それはそれは見事な舞でした。

 

京都府知事、京都市長などご来賓の方々の中でひときわ目立っておられるのが門川京都市長。365日お着物でお過ごしで、羽織の縫い取り紋はSDGsのマークです。この頃ちらほらとバッジを付けている方を見かけるようになりました。

私も会合の時には付けて行くようにしていますが、政府もやっとレジ袋有料化で、環境問題への意識付けをしようとしておられますが、もっとスピード感を持って様々な問題に取り組まなければ、この地球を次の世代へ繋げることが出来なくなります。

オーガニックコスメ業界でも様々な方が問題提起をし、取り組みを始めていらっしゃいます。

 

 

本の帯には、「本書は、人を心身から美しくするだけでなく、地域を、社会を美しくする化粧品という思いを込めて、『社会派化粧品』と名づけた」と書かれています。

 

『オーガニックコスメを通じて地域や社会のこれからを考える』という、インタビュー形式で吉川千明さんと岸紅子さんの対談が掲載されています。

 

様々な地方の皆様が手持ちの物の強みを生かしたいと化粧品作りに取り組まれている様子が、地域の自然や、皆さんの笑顔の写真と共に素晴らしく、日本の良さが感じられる本になっています。

                      

 

クレコス、クオンはもちろん、北海道から沖縄まで様々な地方創生の一翼を担っている化粧品が掲載され、その多くを唐津コスメティックファクトリーFACTOが作っています。

              

 

是非お読みいただければ幸いです。

 

 

毎年春に開かれる、商業界近畿地区女性ゼミナール。40名ほどの女性経営者での運営です。日航ホテル大阪に500名ほどのご参加の方をお迎えし、今回のテーマは『未来へ継ぐ』。日本総合研究所の藻谷浩介先生と作家の玉岡かおる先生をお迎えしての講演です。

この会では副会長を仰せつかっています。しっかりお話を聞き、最後の閉めの御挨拶をしなければいけません。

藻谷先生(テレビでご覧になっている方も多いと思いますが)の講演は『人口減少の中で価値が残る商いとは?』をテーマに日本の少子高齢化社会の現状をあらゆる数字を挙げて説明し、その人口減少の中で、「安さを売る商売に未来はない。お客様が値段以外で選ぶ商品だけが残る。なぜその会社からそれを買うのか、客の目で言い訳を考えよ」「儲かる会社は『使う言い訳』がたつ会社だ」とお客さまからの視点を大切にすることを、まさしく商業界の理念そのままにお話しくださいました。

玉岡先生の講演は幕末の時代から男性は戦うための仕事をし、女性は平和のために働いてきたと。明治のころに関西の商業と教育を築いた広岡浅子さんや鈴木よねさんなどのお話を、『あさが来た』のテレビドラマや『お家さん』の小説を書かれた取材の中から興味深いお話をしてくださいました。そのお商売の仕方は、だまして商売をしない誠実さであったと。お二人のご講演はまさしく、次の世代へ継ぐにふさわしいお話であったと思います。

 さて私は、水色の洋服にSDGsのピンバッジをつけて行きました。これは国連で2015年に採択された2030年までに達成するように掲げた17のSustainable Development Goals(持続可能な開発目標)を表したバッジです。

まだまだ日本では知られておらず、国会議員の方々でもたまにつけていらっしゃるのを見るぐらいです。

 

 その目標は1.貧困をなくそう 2.飢餓ゼロに 3.全ての人に健康と福祉を…などの様に私たちが意識を持って行動することで目標に近づけることが盛り込まれています。6.安全な水とトイレを世界へ…という項目はクレコスが創業以来コツコツと東南アジアへ井戸を送り続けていることにつながります。

 今年のテーマである未来へ継ぐにふさわしいアピールになると思い閉講式でお話しさせていただきました。

 31年続いている近畿女性ゼミナールの勉強会もこれから先どのように続けていくのか、真価が問われます。

 

      

 

春の兆しが感じられる東京で表彰式に参加させていただきました。

法政大学市ヶ谷キャンパスに、600名の方がお集まりになり第9回の大賞の表彰がありました。

 

 

 ご出席各社の顔合わせに続き、表彰式、講演会、懇親会と様々なプログラムがあり、ご列席の受賞された会社に刺激を受け、感動と感謝と共に深く思いを致す一日でした。

 今年は自薦他薦で100社のエントリーがあり、書類審査で38社が選ばれ、二次審査は聞き取り調査で2名の研究生(と言っても経営者や税理士さんのボランティアの方)が会社へ来られ、それを持ち寄って三次審査が行われて、20社が表彰されたという事です。100点満点の会社はなく、及第点は60点とか。日本に様々な顕彰制度があるが、一番厳しい審査基準だと思うと坂本先生はおっしゃっていました。

 大賞は「コープみやざき」その素晴らしい経営と社会貢献に大きな拍手が贈られました。会社の規模が大きくなればなるほど受賞基準を満たすのは大変だと思われます。

今日の表彰対象の20社の中でクレコスは一番小さな会社です。経営の事など何もわからず26年前に始めた会社ですが、ただただコツコツと身の丈に合った出来ることを一つずつ、やめずに続けてきたことをお褒めいただけたのだと感じております。

 クレコスの仕事を会長になったことをきっかけに一休み…のように感じていた私自身、これを機に改めて気持ちを奮い立たせ、まだまだやることがあるのだと思いました。

まず、もう少し大きな会社になる事!今まで会社の規模にはあまり関心がありませんでしたが、もっとご愛用者様が増えるとそれだけクレコスの商品に対するこだわりや、社会への取り組みをわかっていただける方が増える事であり、様々な事に使える利益も出てくるのです。

 

 坂本先生は「人を幸せにする経営」―。

「人」とは、1従業員とその家族、2外注先・仕入先、3顧客、4地域社会、5株主の5者を指すとおっしゃっています。

 今回このような賞を頂戴するに当たり、一番協力し努力してくれたのは社員であり、また新潟のあおぞらさんをはじめ青葉仁会、その他関係各位の皆さま、そしてご愛用者の皆さまのお蔭であると、あらためてこの条件の5項目を思い起こし、感謝の念に堪えません。

 坂本先生のご活躍は、日本だけにとどまらず東南アジアにも広まってきていると御著書の「日本でいちばん大切にしたい会社6」の中にも書かれておりました。本当にいい会社を目指す企業が、アジアに、世界に、広まれば素晴らしいと思います。

クレコスもさらにいい会社の条件の点数を積み上げられるように、一生懸命精進してまいりたいと思います。

関係各位の皆さまに感謝申し上げますと共に今後ともよろしくお付き合いくださいますようお願い申し上げます。