COLUMN of KEIKO KUREBE

暮部恵子のおしゃべりコラム

2015年12月16日

滋賀県の東近江市という所で、ムラサキが栽培されています。

紫根はムラサキという植物の根で、今は輸入されている中国産が主で

日本では気候の関係などで栽培が難しくほとんど国産の紫根はありません。

ムラサキは東近江市の市の花になっていますが、現在では絶滅危惧種になっています。

これを市の奥永源寺地区、君が畑で復活させる取り組みが行われています。

 

君が畑は平安初期の頃、惟喬(これたか)親王が住まわれ、

ろくろを回して木の器を作ることを発明され、

それ以来天皇家のお椀はここで作られたとか。

木地師の発祥の地としても有名で、日本中の木地師はここから繋がっているという事です。

ちなみに小椋さんという名前は君が畑から出た木地師の名前で全国に広がったとか。

 

またこの辺りは君が代の歌で有名なさざれ石の産地でもあります。

万葉集の額田女王の『あかねさす 紫野ゆき しめ野ゆき 野守は見ずや 君が袖ふる』

と読まれた歌はこの辺りをさし、聖徳太子が定めた冠位12階のもっとも高貴な色であるとされているムラサキ。

 

そんな由緒正しき?地域の農業高校でムラサキを栽培し、染色をするというイベントがありました。

お誘いを受け興味津々行ってきました。

 

滋賀県だけではなく奈良や大阪からも参加されている方があり、

先生の講義を聞いた後皆でスカーフを染めました。

地元のムラサキの生産者のおじさんたちも、だんだん紫色になっていくスカーフにきれいなぁ!

と喜んで作業をしていらっしゃいました。

 

 

その後、今年収穫された紫根を見せていただきましたが、枯れた細い根っこでこれがあの色になり染料として

古代紫になり薬として使われるのかと不思議な感じがしました。

昔の人はこの根っこに薬効効果があるとどうしてわかったのでしょう。

 

クレコスのエクストラオイルも紫根から取られた成分を使っていますが、

昔から貴重な薬草とされてきたのでしょうね。

大変勉強になりました。

 

来年もまた染色体験があるそうです。お友達を誘って来てみることにいたしましょう。

 

皆さんも興味のある方は是非どうぞ!

2015年11月18日

11月はクレコスを知っていただくのに、大変忙しい月でございました。

 

まず、11月5日に『奈良県企業立地セミナー』の講師として東京のホテルニューオオタニで、

100人ほどの方々の前でクレコスのお話をさせていただきました。

 

奈良県は観光県で大仏様は有名ですが、まだまだ企業の進出が少ない県です。

そこで知事自らトップセールスで毎年なさっているセミナーだそうですが、

 

今年は講師の一人として、わたくしが奈良で起業して今に至っているお話をしてください。

というご依頼をいただきました。

 

今までは上場企業の社長様がお話をされていましたので、私のようなものでいいのですか?

とお聞きしましたが、女性で奈良で会社を起こして頑張っているお話をという事でしたので、

お引き受けさせていただきました。

 

創業から今に至るお話と奈良県だからこそ、このような事業が出来たというお話、

これからは地方の時代であること、そしてこれからのクレコスの事などです。

 

奈良県という場であるからこそ出来た大和高原の自然栽培のお茶とのコラボレーション、

日本酒発祥の地奈良の醸造元での原料製造の事、

障がい者支援施設と一緒にこれから展開していきます国産和紙や手作り石鹸の事業などは、

地域と結びついた活動です。

 

近年、経営活動の一つとしてCSR(企業の社会的責任)からCSV(企業と社会との共有価値の創造)が言われるようになってきているようです。

期せずしてクレコスはそのような方針で仕事をしてまいりましたが、

今後もCSVの概念を持って地域社会と結びついた事業展開をしてまいります。

というようなお話をさせていただきました。

 

また、ちょうど時期を同じくして新宿伊勢丹の4階のイベントスペースにも出展し、

沢山の新しいお客様にクレコスの事を知っていただくことができました。

重なってジェイアール名古屋タカシマヤ「ナチュラルビューティスタイル展」にも出展いたしました。

 

クレコスが生まれて24年、皆さんに育てていただいておかげさまで立派な大人の商品になってくれました。

これからどんな方々に可愛がっていただき、どのような形で世の中のお役にたつ商品になっていくのか、

産みの親といたしましては責任を感じ益々頑張って皆様にいい商品だよ。

と言っていただけるように精進しこの奈良の地から発信してまいります。

 

先日、和歌山女子刑務所の看守長のお話を聞く機会がありました。
とても興味深いお話でした。
この方は、ご自分もやんちゃな少年時代を過ごされ、その時出会った熱血漢の保護司の先生に触発されご自分も少年の更生の仕事をしたいとその道を選ばれたそうです。


昔の非行少年は話せばわかるので考え方を変えることが出来たが、最近の犯罪を犯す少年は昔と違って小さい時から虐待をうけ親の愛情を知らずに育ち、少年院の中でも集団の中に入っていけない子が増えてきているため、とても複雑な状態になっているそうです。


そこで、なんとかこの状況を変えていくため、その子たちを集めて特別学級を作りました。
コミュニケーションが取れない子たちに協調性や共感性を身に着けさせようと、シンクロナイズドスイミングを教えはじめました。ほとんどの子がまともな教育を受けていないので泳ぐことすらできない、その子たちを3か月間一日も休まずにプールで指導をし、チームを作ってシンクロが出来るまでに育て上げたそうです。

この熱血先生とシンクロチームのお話は、テレビや新聞にも少年院のウォーターボーイズとして話題になったのですが、この感動のVTRを拝見することができました。


今の教育現場にこれだけ熱い先生がおられるのでしょうか。
教育とはまず親がしっかりと抱きしめて愛情を注いで育てることから始まり、それから地域と一緒に幼稚園、保育園で集団で何かをする事を学び、就学し小中学校で教育の基本を受ける。その当たり前の事が子供たちに欠けているのではないかと思います。全てではありませんが、非行に走る子供は親に問題がある場合が多いそうです。

その親たちも子供の頃両親の愛情を受けずに育ったのでしょう。

少年法が変わってこれからはその親も一緒に刑務官が指導が出来るようになったそうです。

少子化の時代、皆で子供を見守り育てるという事がより必要になってきているのでしょう。


今、この先生は和歌山の女子刑務所におられます。
その実態もたいへん深刻な状態です。
日本で2番目に大きな女子刑務所で500人収容の所に560人入っていてすし詰め状態で、刑務官が170人で足りない状態。女子の犯罪が増えていて女子受刑者はこの10年で3倍。平均年齢47歳、覚せい剤や窃盗などが主で、再犯者も多い。


19歳から最高齢は91歳までいて60歳以上が4分の1。高齢化、老人ホーム化している。
一般社会に戻っても居場所がなくて窃盗などを繰り返し、戻ってくる。
一番多い人で15回も戻ってきている。ある意味ここの方が孫のような刑務官(平均25歳)に世話してもらい、軽度の作業をこなせば芸能人のレクリエーションなどもあり食べる心配もないが、これらはすべて税金で賄われており、一人にかかるお金がかかりすぎなのが現状です。という深刻な話でした。


様々な解決が難しい問題がある社会になってきていると感じました。
私が師と仰ぐ西端春枝先生は、この女子刑務所
の篤志面接員で月に一度訪問され受刑者にお話をされています。

94歳にしてこの仕事が今一番やりがいがあるとおっしゃっています。
先生のお話を聞かれて一人でも多くの方が更生されるのを願ってやみません。

8月2日におばあちゃんの101歳のお誕生会をしました。

丸いケーキに1と0と1の数字のろうそくを立てお祝いをし、

数字が3本立つのも珍しいケーキやなぁと皆で喜んでおりました。

私の娘がロボットの猫をプレゼントしました。頭をなでるとミヤァーと鳴き、

しっぽを触るとブルブルブゥと怒ります。

猫好きなおばあちゃんはにっこり笑い、『名前何にする?』と聞くと自分で

『ミーちゃん』と名付けました。

みんなが集まってのお祝いに終始ご機嫌な様子でした。

実は、今年に入って体調を崩し、一時はもうだめかな…と思うほどに弱っておりました。

一時期、家ではリハビリも出来ないからと、施設に預けて土日だけ連れて帰って

いたのですが慣れない場所にストレスがたまり、物も言わなくなりお念仏三昧、

『お迎えが来ています…』とぶつぶつ言い出して歩くことも不可能なほどの状態に、

どうしたものかと思っておりましたが。家に帰りたいのだろうという事で、

自宅介護に切り替えました。

 

4月ごろは、孫やひ孫がお見舞いに来ると、『お世話になりました。幸せになりや…』

と皆にお別れの言葉とも思えることを常に口にしていたのですが、

誕生日までは頑張らないとと、本人を励まし介護用品も何かと取り揃えての

日々が始まりました。

主に主人が家に居ますので看てくれており、施設からも午前、

午後と来ていただきながらの介護。夜は主人と二人で車いすに乗せて

リビングまで連れてきて一緒にご飯を食べます。一人では食べられませんが、

食欲も旺盛でおやつもしっかりといただき、好きな物の時には大きな口を開けます。

今まさに食べることがいかに体にとって大事な事かを思い知らされています。

4月は葬儀の覚悟を決めましたのにそれから4ヶ月、

だんだんに元気になってきて昨日などはご飯の後、

桃とプリンを食べ、まだアイスまで食べたいとまで伝えてくるほどに。

 

人間ってすごいなぁとおばあちゃんの世話をしながら感動することがあります。

100歳を超えても、復活する力があるのだなぁと。

介護士の方や、病院の先生、家族や周りの方々に支えられ、幸せなおばあちゃんを見ていると、

こちらまで幸せな気分になります。

一日の食事や排泄のリズムも出来、穏やかな日々が続きます。

次は102歳、まだまだ頑張ってね、おばあちゃん。

九州の宮崎で発行されている新聞です。週に一回発行されます。発行部数は9000部になりました、と先日ご主人が編集長である松田くるみ社長からお聞きしました。500部の発行から始まり、来年は25周年、口コミだけで広まった新聞です。私の周りでも随分読者が増えました。


読んでいる人が集まる読者会が先日奈良で初めて行われました。5~6年前に大阪で読者会に出席したことがあるのですが、その時松田くるみさんは発行部数は3000部だとおっしゃっていました。それで経営が成り立つのかな…と思ったことを思い出します。わずか5年で3倍に!!

記事はあちこちで開かれる講演会の中で面白かったもの、感動し

たもの、心温まったもの、ためになったもの等を講演の先生の許可を得て掲載していらっしゃる新聞です。私もよく存じ上げている先生方の講演もたくさん載っています。ですからこの新聞にはいい情報しか載っていません。

 

 

20年前に、大阪で「いい話の新聞」という新聞が発行されました。世の中の新聞は暗い話ばかりなので、元気になるいい話ばかりを載せたいとの思いからです。この新聞もとっていましたが、社長が亡くなられて廃刊になりました。同じころに宮崎でも同じ思いでいい新聞が出来ていたのですね。

編集長は読者会の講演の中で、『今、共感の時代です。感動を共感できる新聞を作る』と言われました。人は感動を

共有できると幸せを感じその人を好きになる。そして命を輝かせるためにまず自分を好きになる。自分のことが大好

きな人は、自分を育てた親に心から感謝できる、今の環境、職場、家庭に感謝できる。自尊感情が大切とも話されていました。毎回載る“魂の編集長”の社説が秀逸で時に涙して読むこともあります。その社説が本になり『日本一心を揺るがす新聞の社説』という本になって発行されています。

奈良の読者の中では私が一番古いらしく、最後のご挨拶をさせていただきました。お集まりの皆さまも、さすがと思える素直で明るくて前向きな方たちばかりでした。いいものの連鎖はいい人につたえられ本当にこの新聞を読む人が10万人になったら世の中を大きく変える力になると思います。皆さん口コミで読者を増やしていきましょう、とお話しさせていただきました。

この新聞のいいところは、暮部に聞いたから見本誌をくださいと言うと、宮崎中央新聞より一か月無料で送ってくれます。そして読みたくなったらとればいいのです。ひと月1000円。お財布も心も喜ぶ値段です。新聞をとっている家庭が少なくなっていますが、みやざき中央新聞は是非読んでいただきたいですね。