COLUMN of KEIKO KUREBE

暮部恵子のおしゃべりコラム

4月29日付で、日本国天皇陛下より勲章をいただきました。

 


勲章などは遠い世界の事で、全く関係ないと思っておりましたので、

 

打診がありました折もうそでしょ…と狐につままれたような感じでした。


青天の霹靂と申しますか、信じられない出来事で戸惑いながら

 

これはクレコスにかかわってくださっている皆様への

 

天からのご褒美だと思いありがたく頂戴してまいりました。


24年前に会社を設立し、ただひたすらいい化粧品を作りたい、

 

社会に役立つ会社になりたいと会社を挙げて励んでまいりました。

 

特に近年取り組んでおります、地方創生に絡んだ耕作放棄地に関する取り組み、

 

福祉に力を注いだ農福連携の取り組みなど、小さな会社でありながら

 

一歩先を行く政策を取り入れてきたことが経済産業省近畿経済産業局の

 

ご推薦をいただくことになったかと思われます。


また、女性の社長であったという事も女性登用が言われております時流に

 

合っていたのかもしれません。


日ごろクレコスをご愛用いただいているお客様、販売いただいている皆様、

 

原料をお作りいただいている農家の皆さま、製造をいただいている各社様、

 

そして一緒に頑張ってくれている社員等々クレコスにかかわる

 

すべての皆様に心から感謝し御礼を申し上げる次第です。

 


さて勲章には、色々と種類がありますが主に多くは

 

旭日章「国家または公共に対して勲積のある者」と

 

瑞宝章「国家または公共に対して積年の功労のある者」


に与えられると政令で定められています。

 

 

基本的に70歳以上が対象で、各省庁ごとに分かれて伝達式があり、

 

私は経済産業省の式に参列させていただきました。

 

経済産業省で158名の叙勲でうち中小企業庁関連が57名、

 

その中で女性は二人でございました。中小企業振興功労と言う部門です。

 

 

5月11日は前日に降った雨もからりと上がり、まさしく五月晴れの朝を迎えました。

 

伝達式のある東京タワーの真下にあるパークタワープリンスホテルでは、

 

早くからモーニングを着た男性と着付けを済ませた晴れ着の女性で

 

華やかな会場に高揚した雰囲気が満ち溢れています。

 

300人の正装の人たちが集う光景は圧巻です。

 

 

お式には、夫と共に出席、名前が一人づつ読み上げられたのち、

 

勲章と賞状を頂きました。

 

その後皇居へバス10台ほどで出かけ、天皇陛下に拝謁してまいりました。

 

皇居には夫婦でしか行けませんし、カメラも携帯も持ち込み禁止です。


皇居はやはり素晴らしい厳かな場所で身の引き締まる思いがいたしました。

 


本物の勲章は、クレコスの25周年の会を催します時に皆様に見ていただければ幸いです。

 

ここに謹んで叙勲のご報告をさせていただきます。ありがとうございました。

 日本商工会議所が出版している地域・中小企業を元気にする月刊『石垣』というビジネス情報誌があります。

 

地方の商工会議所の話題や、ノーベル物理学賞を受賞された梶田隆章先生のお話などが載っていて、

 

特集記事は、『改正個人情報保護法のツボ』と『今こそ、新たな需要を掘り起こせ』

 

という2つの特集が組まれ、新たな需要…と言うところに3社掲載されています。

 

その第一番に載せていただいたのが、なんとクレコスなのです。

 

『地元発の自然派化粧品で潜在市場を切り開く』と言う内容です。

 

なぜクレコスがこの特集に選ばれたのか…日本中にはもっとふさわしい会社が沢山あるだろうに…と思います。

 

でもこれはご縁の連鎖なのです。一つの記事に取り上げていただいたことが次のニュースになり、

 

それを読まれた編集者が取材をしてくださり、面白いことをしている会社ですね…

 

と記事にしていただくという上昇気流に乗るようないい連鎖をいただいています。

 

この嬉しい出来事を、支えてくださっているのはご愛用者の皆さまです。

 

一人でも多くの方にこのことを知っていただきたくお知らせさせていただきます。

 

 

2017年02月28日

ということで、三か所感動の旅をしてきました。まずは佐賀県唐津へ…唐津と言うと焼き物と“唐津くんち”位しか知らなかったのですが、なんとみかんの出荷量は日本一だそうです。そのみかんの山がご多分に漏れず耕作放棄されています。実は唐津市は市を上げてオーガニックコスメの集積地にしたいと様々に取り組んでおられるのですが、そこで耕作放棄されたみかん山を整備して、様々なハーブを植えコスメの原料を作ろうという計画で実験圃場を作っておられ、そこへ見学に行ってきました。日当たりのいい斜面にさまざまなハーブが根付いています。はるか彼方には海を臨め空気も心地よいみかん山がこれからどのような形に姿を変えていくのか楽しみです。

 

 

唐津から福岡空港を経由して松山へ。そこから宇和島までお迎えに来てくれた車で一時間余り、複雑に入り組んだ海岸線を走り鯛の養殖場へ。古い友人の男性が日本一の養殖鯛を作っています。昔から鯛の養殖と言えば愛媛なのですが、彼の養殖は普通の養殖とは違います。研究を重ね餌にこだわり、一流のシェフに天然よりおいしい
と言わせるまでに育て上げました。沖にあるいけすまで船で行って、毎朝鯛におはよう!と声をかけながらこだわりの餌をやり3年ほど育てます。鯛一郎クンと名付けられた鯛は、北海道から東京その他全国の美味しい魚を食べさせるお店に出荷されます。私も新潟や名古屋や東京で鯛一郎クンに出会っています。彼の情熱は素晴らしいもので企業理念もしっかりしていて、今後の安全で美味しい魚づくりに期待をしたいと思っています。

 

 

次に訪ねたのは、宇和島から車で40分ほどの明浜町と言う所にある、無茶々園です。信号もコンビニもホテルもない、でも自然と美味しいみかんがあるところです。見上げるばかりのすごい傾斜地に有機栽培のみかんが植えられています。みかんだけでなしに、海の幸、山の幸作れるものは何でも作るということで、切り干し大根,ちりめん雑魚、梅干し、なんでも美味しい、特に真珠貝の貝柱は絶品です。宿泊施設がないので、ミカン農家に泊めていただきました。素晴らしい手作りのご馳走に、村の人々が集まってきて、接待してくださいます。お聞きするとなぜか、東大、御茶ノ水、京大、愛媛大卒と言う高学歴の人が沢山おられます。日本のあちこちから人を引き寄せる何か魅力のある町なのでしょうね。

 

 

ここは昨年の農林水産祭りむらづくり部門の天皇賞を取られた素晴らしい地域です。村中が知り合い、皆で一生懸命仕事をし、年に一度の秋祭りには村を上げて楽しむという、日本の原点のような所です。
日本の田舎に総じて言えることは人が優しい。空港まで送り迎えするなんて当たり前。知り合いの所にはあちこちウエルカムボードが設けられ歓迎ムードを演出してくれます。四国霊場回りのお接待の精神なのでしょうか。まだまだ日本の人は温かい、日本の産業は元気。ということを感じることができた、素晴らしい旅でした。

今、話題になっているふるさと納税ですが、知ってはいても面倒そうだとか.

 

わざわざしなくてもみたいな感じでスルーしていましたが、

 

先日奈良市の方からクレコスの商品をふるさと納税の商品にどうですか?

 

というお話をいただきました。

 

10,000円の納税の方にはQUONビューティーアクチュアライザー、

 

30,000円の納税の方にはCRECOSピュアヘチマエッセンスとエッセンスミルクのセットが、

 

奈良市からふるさと納税のお礼として贈呈されます。

 

もうすでに数名のお申し込みがあり、遠方の方が、

 

これをご縁にクレコスを気に入っていただけたら嬉しいですね。

 

その願いを込めて、クレコスからお手紙を添えて、お送りさせていただいています。

 

ふるさと納税はお礼の商品がもらえるなど、お得な納税方法として紹介されがちですが、

 

本来は物をもらうのが目的ではなくてその自治体が潤うように、

 

例えば都会で働く人が、生まれ育ったふるさとが発展してくれるようにと寄付をするようにと作られた制度です。

 

震災が起こってからは少しでもその地方自治体のためになればと寄付が増えているようで、

 

日本人の助け合いの美しい心が反映されていていいことですね。

 

クレコスの商品が奈良のお役に立っていることも嬉しいことの一つです。

 

 

2016年12月22日
年の終わりに手帳を繰っていますと、今年は満70歳になった年で、この年になっても新しいたくさんの出会いをいただき感謝の一年でございました。特に、様々なところに出させていただいた年でもありました。
 
 
毎日新聞の取材に日経新聞の電子版、商工会議所のニュース、次はまた来年発行の全国商工会議所の月刊誌にも載せていただきます。押し詰まりましてからはNHKのニュースに取り上げていただき、あちこちからの反響もたくさんあり嬉しいしめくくりでした。
 
‘ならナビ’で奈良の方には見ていただけたのですが、ちょっとその様子をお伝えしたいと思います。
 
NHKにつながった始めはダイエットアンドビューティ展でジャパンメイドビューティアワードの大賞をいただいたことからでした。日経新聞の記者の方が会場に取材に来られ、それを電子版に掲載していただき、それを見たNHKの記者の若い女性が会社へ訪ねて来てくれました。

可愛いお嬢さんで、会社の様々なことをお話しながら母親、いいえ祖母の気分になって、食べ物の大切さやおにぎりの話をしていましたら、えらく感動してくれまして「上司に取材の企画を上げてみます」との事。
 
まさかと思っておりましたら、ちょうどオーガニックライフスタイル展に出展も決まっていましたので、それと合わせて5分の番組を組み立てるとの事で、まずは健一自然農園の茶畑の取材から始まりました。
 
 
カメラマンと音声と記者の3人で雨の中、柘植の畑まで来られ、そのあと東京にも3人でお越しになりました。
 
                                
                                   
入場者でごったがえす中、カメラと長いマイクが入り私やブースを追っかけてカメラに収めてくれます。ブースに綺麗な女性が来られたのを見て、撮っていいですか?とお尋ねしてカメラが回ります。やはり綺麗な方は映りがいいですね。2時間ほどもあちこちと頑張られました。私もくたびれ果て…
 
その後会社へももう一度取材に来られ、研究室や会議の風景などと共に私のコメントも絡めてカメラに収まりました。
 
 
それにしても5分のニュースに随分と手がかかるものだなぁと思っておりましたが、出来上ってみるとカメラワークも構成も素晴らしく、NHKの局内でもとても評判が良かったようで、6時半の‘ならナビ’だけでなく‘ニュース845’でも再度放送され、その後「ラジオでも放送していたよ」とお友達から連絡が入り、更にもう一度、関西一円のテレビ放送にも入れてくださるという事でしたが、プーチンさんの来日で飛んでしまいました。
 
また時間の空いたときに放送してくれるかもしれません。私としては撮っていただいているときよりも、放送の前の方がめちゃくちゃ緊張しました。恥ずかしいものですね。
 
 
でも振り返ってみますと一つのご縁が次につながりどんどんと取り上げていただくのはとてもうれしいことです。来年もこのご縁が多方面に繋がっていくことを願っております。また、本来はこの広がりがご愛用者様から口コミで次のご愛用者様につながることを切に願っております。
 
それが本物の商品の証だと思っています。