COLUMN of KEIKO KUREBE

暮部恵子のおしゃべりコラム

『日本で一番大切にしたい会社』という本を4冊、その他『小っちゃいけど、世界一誇りにしたい会社』等、企業紹介のベストセラーを書いていらっしゃる、法政大学教授の坂本光司先生が、クレコスへお越しくださいました。

先生は今まで7000社以上の会社訪問をされ、様々な会社の紹介をされ、ご講演も日本全国でされてらっしゃいます。私も4回ほど聞かせていただきました。

 

とても気さくな先生で社員と一緒にお昼のお弁当をいただきながら、皆で楽しい時間をすごさせていただきました。先生の企業経営の定義とは、会社に関わる全ての人々を幸せにすること。企業にとって重要な5人とは

  • 1:社員とその家族
  • 2:関連会社とその家族
  • 3:現在顧客と未来顧客
  • 4:地域住民とりわけ障がい者や高齢者など社会的弱者
  • 5:株主、出資者 
  • であるとおっしゃっています。

 

 

そのこともあり、先日先生にお目にかかった際に、クレコスのQUONプロジェクトの取り組みをお話ししまし所

興味を持っていただき、今回わざわざお訪ねくださいました。​

特に、新潟のあおぞらポコレーションさんをはじめとする、障がい者施設とのかかわりは、身内に障がい者がおられる方などの場合が多いのに、そういう事でなく様々な事業を立ち上げているのは、会社として素晴らしい取り組みですね、とお褒めくださいました。​

 最近、様々な経営に関するお話を聞くにつけ、皆さんがおっしゃることは

『物を売るのではない、「事」を売る、あるいはその物の背景にどんな「物語」があるかを語るのです。』

です。例えば今世の中に様々なものがあふれかえるほどあります。ただその中でどれを選ぶかの基準が変わってきたのです。

特に東北の震災以降人々の価値観が大きく変わり、品物は世の中にあふれていて物が欲しいのではなく、その品物を買う事でどんないい事があり、どんな幸せな気分になり、世の中のためになるか、という基準でものを選び始めているのです。

先日社員のエクスペリエンスマーケティングの勉強会で次のような仮説を立てました。

『お客様はクレコスを欲しいと思っていらっしゃるのではない。女性として身も心も美しく豊かになりたいのです。それによって人にも自然にも社会にも優しいときを過ごし魅力的なライフスタイルを手に入れていきたいのです。』というものです。

そのためにクレコスは、想いをこめた商品と素敵な物語を提供し続けてまいります。

 

クレコスにはアルデバラン株式会社という関連会社があります。

クレコスの副社長 暮部達夫が社長をしている会社です。

ここでは、原料を扱ったり、商品づくりのご相談に来られた会社の

お手伝いをしております。

クレコスも少しは名前が知られるようになり、様々なご相談が寄せられます。

そこで副社長、いや社長(アルデバランでは社長)は大変忙しくなり、

奈良は勿論、新潟始め東京、北海道、愛媛、滋賀、など

全国で様々な企画のお手伝いをさせていただくようになりました。

小さな事務所を大阪に持っていたのですが、手狭になりこの度御堂筋のすぐ西側に引越しをしました。

少し大きな事務所になりましたので、クレコス大阪事務所も兼ねまして看板をだしております。

 

事務所のあります御堂筋界隈は作られた時には当時の関市長が

あまりに広い道路の建設を計画し飛行場を作る気か!と非難を受けたと聞いておりますが、

その広い御堂筋は今では一方通行の6車線で北の梅田から南の難波まで一直線に伸びた、

イチョウ並木のきれいな道路です。

高さ制限もあり、道端には様々な彫刻などのアートが展示され、

心斎橋辺りは世界の高級ブランドのお店も軒を並べなかなか素敵な街並みになっています。

 

またビルの合間に北御堂、南御堂という浄土真宗の大きなお寺があり、

その昔近江出身の商人たちが集まり大阪商業の中心である船場の街を築きました。

ここで働く商人たちは「御堂さんの鐘の聞こえるところで商売を…」を合言葉に商いに精を出しました。

曾祖父にあたる人も近江の出で、船場の呉服問屋の大番頭をしていました。

暮部の祖父も祖母も船場の商家の生まれです。

その血を受け継いだが御堂さんの鐘の聞こえるところで会社を持った事を

ご先祖様は喜んでいらっしゃることでしょう。

 

すぐ近くに難波神社という神社もあり、ここには先の大戦でも焼けなかったという

樹齢400年の楠の御神木がそびえ、この木肌に触るとパワーがもらえるという

スポットになっています。

 

御堂筋を車がひっきりなしに通るのですが、ここが商都大阪のど真ん中か…

と疑うような静かなお社です。

皆さんも御堂さん、難波神社へのお参りでもいかがですか?

2015年04月26日

クレコスが「にこにこ倶楽部」として、皆様の善意により東南アジアの国々に井戸を

寄付させていただいてまいりましたが、この度ネパールとバングラディシュに、

新たに「にこにこ倶楽部」の井戸が出来上がりました。


写真はネパールの井戸ですが、カトマンズから山奥に入ったタマン族の農業を生業とする、

ボテシパ村という所だそうです。近くに大きな水源がなく、数か所からパイプラインを引き、

集落の水場で水を汲めるようになりました。この作業には関西の大学生たちも参加し

現地の人たちと共にワークキャンプをして作り上げられたそうです。


井戸完成の報告書には
『この村には生計を立てる収穫物も産業もなく、村人の多くはカトマンズへの出稼ぎに出ています。
家に残っているのは老人と子供だけで、老婆が水がめを担いで山道を歩き水汲みに一時間以上を費やしていました。
水場を作る作業が始まると手伝いたいと子供たちも集まってきました。

この水場を使う世帯の中にカトマンズの大学進学を控えた少女が居ました。

入学準備のために早く来るようにというカトマンズの親戚の声をよそに、

家のすぐそばに水場が出来るこの大切なプロジェクトを、自分の目で見て、

皆と同じように体感してから旅立ちたいと毎日作業に参加してくれました。

彼女は将来教師になってこの村に戻り、教育を子供たち全員が受けられるように働きたいと話しています。

彼女は「この水はこの村が変わる第一歩です。」と言いました。』
という文章がついていました。


今の日本では、25万円という金額ではこれだけの素晴らしい感動は与えられないかもしれません。

皆さんの善意がこうしてはるかかなたの国の若者に夢と希望を与えられるのです。

クレコスにこにこ倶楽部の活動にさらなるご協力をお願い申し上げます。

 

<にこにこ倶楽部の井戸 追伸>

先日ネパールに寄付した井戸のご報告があった旨、お知らせさせていただきました。

あの時の写真に写っていた少女は、村は、井戸はどうなったのでしょうか?

“この水がこの村が変わる第一歩です”と希望に燃え、村へ帰って教師になり

全員が教育を受けられるように働きたいと話していたのですが。

アジア協会へお電話を入れましたが、ちょうど、クレコスへお越しいただいた職員の方が

ネパールへ向かっていらっしゃった飛行機の中で地震が起きたようで別の地に着陸されたようです。

アジア協会から募金の要請があることと思います。にこにこ基金に積み立てているお金から、

寄付をさせていただきたいと思います。

よろしければ、ご協力くださいませ。

 

銀行    株式会社ゆうちょ銀行(ユウチョギンコウ)

支店名    四〇八(ヨンゼロハチ)

口座種別    普通

口座番号    1767377

口座名義    クレコスニコニコキキン

2015年03月31日

春からいいことがありました。

サクラの開花と共にとてもうれしいことがありました。

『がんばる中小企業、小規模事業者300社』に選ばれ、経済産業省の表彰式に行ってきました。

 霞ヶ関というところは初めてで、東京の政治経済の中心地です。立派なビルが立ち並び、守衛さんがいっぱいいらっしゃる玄関を田舎者の私は興味津々、入らせていただきました。

 

北海道から九州までたくさんの方が来られています。宮沢大臣のお祝いの言葉の後、選定の基準や過程が報告され代表の会社が表彰状を受け取られました。その後各地域に分かれて記念撮影がありました。

 

このような晴れがましいお席に連なることができましたのも、今まで支えてくださったご愛用者の皆さまをはじめ、社員及び関係各位のご協力のおかげと心からお礼申し上げます。

 色々と考えましたが、このような月並みな言葉しかでてきません。本当にうれしい時の言葉って難しいですね。いっぱいのお礼の気持ちはありますのに、それにふさわしい言葉を思いつかない語彙力の不足をもどかしく思っております。

 コツコツと積み上げてきました22年間でございましたが、まだまだ勉強不足だと思っております。小さな小規模事業者ではありますが、これを励みに新たな一歩を歩みだしたいと決意を固くいたしました。

 これからのクレコスもぜひ皆さまのご支援をお願い申し上げます。

2015年02月28日

二月は俗に逃げると言われ、あっという間に過ぎますが、クレコスでは展示会に追われ、忙しい一か月でした。

 

 月初めはニューヨークの『ニューヨーク国際ギフトフェア2015冬展』の奈良ブースに出展させていただきました。

奈良県から5社が選ばれまして、これを機会に世界に羽ばたこう…!!というような大げさなものではないのですが、いいチャンスをいただきましたのでお勉強をと思い副社長と社員2人が参加してきました。おかげさまで日本のお茶の化粧品という事で大変な反響があったようです。

 ただニューヨークは物価が高く、その中で日本よりかなり割高になる商品が売れるかどうかは、反響とは別問題のようです。日本の商品への信頼は厚く、今後に向けて期待できそうですので時間をかけてゆっくりと広めていけたらという夢は広がりました。

 

 もう一つの展示会はROOMS30です。これは2回目になりますが、東京代々木の国際競技場で行われるデザイン関係の展示会です。広い会場に所狭しと日本全国からおしゃれな商品が集められ、様々なクリエーターの世界観を一つの部屋ととらえ展示をされています。

キャッチコピーは『この国が輸出すべきものは、感性だと思う』となっています。 出展するにも規制があり選ばれたものしか出せないようです。クレコスはクオンを出しましたが、商品の良さは勿論そのデザイン性とコンセプトのユニークさが買われ、展示もこれはお花屋さん?と思うぐらいのおしゃれなお花に囲まれた華やかさです。

 

マスコミ関係の方が多くこられ、入ってすぐの全員が通られる通路にブースがありますので大変目立ちます。

特に限定商品のチョコレートパックは皆さん興味をしめされ、雑誌やテレビに取り上げられていることもあり人気の商品でした。

 

2月末からは名古屋高島屋の「ナチュラルビューティースタイル展」にもクレコス、クオン共に出展し、吉川千明さんセレクトの世界のオーガニックの仲間に入れていただきました。