COLUMN of KEIKO KUREBE

暮部恵子のおしゃべりコラム

2016年06月22日

 最近アルファベットで略した言葉が流行っています。

 

ダイゴさんのは楽しい略語ですが、

 

例えばビジネスの世界では、CS(顧客満足度)ES(従業員満足度)

 

とか言ったような言葉です。

 

 

 最近話題に上ってきましたCCRC(Continuing Care Retirement Community)

 

という略語があります。日本版CCRC構想有識者会議というのがあるようです。

 

先日もテレビで成功例を放送していました。

 

『シェア金沢』という施設です。

 

 

 

 

 

 

 

「サービス付き高齢者住宅」「障がい者施設」「児童養護施設」が一緒になった街を形成しています。

 

温泉もあり、ドッグランや農園、なんとアルパカの牧場まであるそうです。

 

趣味やお買いもの施設にエステ、私の大好きなBarもあります。

 

 

シェア金沢でのボランティア活動をするという条件で格安の学生向け住宅も用意されています。

 

生活が困難になってから入る老人ホームではなく元気なお年寄りが集まり、

 

障害のある人もない人もお年寄りも学生も子供たちも一緒に暮らせる理想の街です。

 

 

もともとアメリカで始まった入居者がすべてシニアでありなおかつ元気で充実した生活をしていること、

 

健康な食事、充実したアクティビティ、趣味仲間がいるコミュニティという

 

理想的な共同体をCCRCというのだそうです。

 

 

国内最大級のCCRC『スマートコミュニティ稲毛』は、

 

分譲マンションにクラブハウスがついていて食事やアクティビティ、

 

医療介護などコンシェルジュがいてお世話をしてくれるという施設で、

 

最初に纏まったお金が要りますが、後は月々8万ぐらいでお食事も用意してもらえます。

 

 

 

 日本のCCRCとは政府の地方創生の一環として、高齢者の都会から地方への移転を促進するもので、

 

元気なお年寄りに元気なうちに地方に移り住んで退職後の第二の人生を

 

楽しめるようにしようという事だそうです。

 

 

 

 クレコスの設立当時、ご一緒してくださっていた方は、なんか聞いたことがあるような…

 

という感じだと思います。私がクレコスを立ち上げて、最終何がしたいの?と聞かれたときに答えていた世界です。

 

『クレコスという化粧品を通じて知り合った、

 

価値観を共有できる人達が年を取ってから一緒に暮らせる村を作りたい。

 

元気な仲間が、それぞれにお部屋を持って、それぞれに特技を生かして、

 

野菜を作る人、クッキーを焼く人、お裁縫をする人がいてお食事はみんなで作ってみんなで食べる、

 

そして老人ホームへ皆でメイクボランティアに行くの!そんな生活ができたら…』

 

と言っていた夢が現実にある世の中になってきたなという感じがします。

 

奈良にも出来たらいの一番に入ります。

 

そういう世の中になってきたことがとてもうれしいです。

 

 

私って自分で言うのもなんですが先見の明?があるでしょ(笑)。

今年は様々なところへ出かけていく年にしています。

 

映画なるものも長年見たことがなかったのですが、

 

立て続けに2本ドキュメンタリー映画の上映会に行ってきました。

 

 

 

最初は奈良の古民家を改装したホテル&レストランの庭で

 

『奈良食べる通信』主催の『エディブルシティ、都市を耕す』という映画の上映と

 

ファーマーズマルシェ&シェフズダイニングに参加しました。

 

映画はサンフランシスコ、バークレイ、オークランドの三都市での

 

経済格差の広がる社会状況を背景に新鮮で安全な食べ物を

 

手に入れるシステムを取り戻そうとする市民のお話です。

 

食と農業に対する問題提起のドキュメンタリーで、

 

映画を見た後奈良の若い農業者とシェフが奈良野菜やジビエを使ったお料理を提供し、

 

お野菜も売っているという楽しい会でした。

 

ただ40代を中心にした人たちで、参加者の中で私が一番高齢者でした。

 

ここに集う若い人たちが生まれたころから添加物のことなど、

 

化粧品を通じて勉強してきたのだなあと思うと感慨深いものがあり、

 

生き生きと勉強したことを臆することなく発言する若者たちを頼もしく思いました。

 

 

 もう一つの映画は若い女性経営者の会社が主催された

 

『地球交響曲 ガイアシンフォニー第八番』を見てきました。

 

25年前に第一番ができたときには感動し三番までは記憶にあるのですが、

 

八番までになっているとは知りませんでした。

 

久々に拝見し、また感動しました。

 

日本の樹にかかわる人たち三人の紹介です。

 

奈良の天河大辡財天社の宝物の能面の写しを作られた能面打の方のお話。

 

世界のヴァイオリンの修復を手掛けられ、東日本大震災の津波で流された木を使って

 

「津波ヴァイオリン」を作られ、ストラディヴァリウスは単なる楽器ではない、

 

魂を宿した有機体、すなわち生き物といわれるヴァイオリン製作者のお話。

 

この二つのお話は日本人が縄文時代の昔から大切にしてきた樹の中に精霊が宿る

 

という精神に根差した森林国日本の話です。

 

後お一人は「海は森の恋人」というNPO法人を作り、

 

カキの養殖のために上流の森に木を植える活動をしていらっしゃる畠山さんの、

 

東日本大震災で全滅したカキを復活された話。どれも興味深いものでした。

 

 

 

 農産物や、森の話等どれもクレコスのソーシャル活動に相通じるものがありその後、

 

寄せていただいた加古川のジョイントショップで開かれた持ち寄りランチ会でもお話をさせていただきました。

 

 

どちらの映画も自主上映で、主婦でも上映会を開催することができます。

 

 

思想信条にとらわれず、純粋に農業のこと、森のこと考えて自分にできる活動をしていく中から

 

何かが生まれてくるような気がします。

 

 

 

ちなみに一品持ち寄り…はさすが皆さんクレコス大好きな、こだわりの主婦の集まりで、

 

食材に気を遣い、手作りされた食べ物は、体が喜ぶ優しいお料理でした。

 

 

毎月催され、みなさん楽しみに次は何を作ってこようかな…と。

 

ちなみに来月のテーマは夏野菜だそうです。

 

 

お茶とおしゃべりの時間にはクレコスの話に花が咲き、

 

みなさん机の真ん中に置かれたクレコスにこにこ基金の箱にお金を入れてくださいます。

 

これは自主的にしていただいていて、毎月会から寄付をいただいています。

 

このような優しい気持ちが集まり東南アジアのクレコスの井戸基金になっているのです。

 

 

 3つの会ともに、素敵な笑顔が溢れる気持ちのいい集まりでした。

 

 

最近クレコスをご紹介いただいた本が2冊出ました。

一冊は『その商品は人を幸せにするか ソーシャルプロダクツのすべて』という本です。

 

近年、環境や人、社会に対する配慮がなされた商品・サービス(ソーシャルプロダクツ)が増えてきています。内閣府が行っている調査でも「社会のために役立ちたい」と思っている人の割合は上がってきて現在では7割近くになってきているそうです。商品の価格は私達にとって重要ではありますが、意識は変化してきていて、単に安さを求めるのではなく「これまであまり考えられてこなかった、あるいは満たされてこなかった幸せ」を商品やサービスや事業の中で提供してくれる事や物を求めるようになってきているようです。

 

そんな中で数年前からソーシャルプロダクツアワードという賞が設けられ会社の大小を問わず、様々な会社が表彰されるようになりました。クレコスは一昨年このアワードで大賞をいただきました。そしてこの度まとめられた本の中の事例紹介のところの一番に載せていただきました。

 [寄付より、持続する参加型事業を]ということでQUONを中心にした商品作りに農業と福祉との連携を取り入れていることが紹介されています。

長年に渡り副社長を中心に農業と共に、また障がい者の方々と共に作り上げて来た事業が評価されて大変うれしいです。これは何より、クレコスの商品を御理解の上お使いくださっているご愛用者の皆様があってのことだと心より感謝申し上げます。

 

もう一冊は、『日本でいちばん大切にしたい会社』の著者でいらっしゃる

坂本光司先生とその研究室で出された『日本でいちばん社員のやる気が上がる会社』という本です。

クレコスは小さな会社ですし、近所の方はお昼は自宅に帰りますので、社員やパートさん、12人ほどで会社で昼食を食べます。その時に毎日お味噌汁を私が作っています。それと日曜日には一升ほどご飯を炊き、おにぎり(梅、こぶ、鮭、たらこ)を作って会社で冷凍をして置いています。遠いところから来ている人やお弁当を作る間がなかった人、あるいは残業をする人がお腹がすいたときにお菓子ではなくおにぎりを食べてほしいのです。お米がいいのか腕がいいのか大変評判がいいのですよ。その甲斐あってかコンビニでお弁当を買う人はほとんどいなくなりました。会社のコンセプトに合った食生活をしてほしいと思う私のささやかな願いです。

このことを本に取り上げていただきました。中小企業の福利厚生制度の現状や、今後の制度の導入と運営の項目のほかに「社員と家族が飛び上がって喜ぶ福利厚生制度100」という会社の一つとして書いていただきました。他にもユニークな会社が紹介されていて面白いです。

 

 

 

この本のはじめに…のところで「人、とりわけ社員とその家族を大切にしている企業の業績は例外なく高い…」と書かれています。クレコスを取り上げていただいたのですから、この言葉に恥じない会社にならなければと決意を新たにしています。

   著者 坂本光司先生と

2016年02月29日

奈良に住んでいながら、まだまだ奈良の素晴らしさに気づかないことが多いと再確認することがあります。

今月はいろいろなお誘いを受けて、奈良の色々なところへ行ってきました。

まず、はじめに、全国的なブームですが、カキ氷が冬なのに大変な人気です。なら町にある宝石箱というお店は夏には開店と同時に閉店までの250杯の予約が詰まってしまうという繁盛店。冬なのにお客様がいっぱいです。テレビや雑誌の取材もいっぱい。クレコスも今度のナチュラルライフで紹介するために取材に寄せていただきました。とてもお若いのによく気の付かれるお茶と氷の大好きな魅力的な女性が店主さんです。

近くにある氷の神様を祀った氷室神社を中心に全国のカキ氷店が集まるカキ氷のイベントを5月にされるそうです。

 

そして、次は奈良時代の女帝の小説『天平の女帝 孝謙称徳』の作者の玉岡かおるさんの奈良トーク会。玉岡かおるさんも素敵な作家さんですが、1300年前にも奈良には素晴らしい女性がいたのですね。奈良時代が身近に感じられる素晴らしい小説です。

 

 

その次は、暦のお話。

あるセミナーで、二十四節気七二候の旧暦に合わせた日本の雅な季節を表す言

葉の素晴らしさを、奈良在住の文筆家倉橋みどりさんにお聞きしました。立春、立冬などの季節を区切る言葉だけではなく、今でも使われている啓蟄、穀雨、芒種、半夏生、白露などのほかに初めて出会う季節の言葉も沢山あります。何と日本は風雅な、心豊かな表現が出来る国なのでしょう。また倉橋みどりさんの造形深い、軽妙な関西弁の語り口でのお話に心惹かれました。

そして、

究極は春日大社での『映像詩 かすがの煌めき』上映会です。

“神様は真心のこもったものしか受け取ってくださらない”まさしく真心のこもった感動の90分の映像詩でした。命を懸けた保山耕一さんの撮影。「神様は撮影できなくても、神様の気配は撮影できるはず」との思いで、奈良の墨あぞび人、桃蹊さんの春日大社への奉納の書を書く姿が美しい飛火野の四季折々の景色と黎明の春日大社での揮毫の場面とともに映しだされます。

 

最後にお見せいただいた書、「煌」は鬼気迫る素晴らしい文字でした。

奈良には本当に素晴らしい女性たちがいるものだと感心いたします。

 

2016年01月18日

満で古希を迎える年に、これからの人生を元気で送れるように計画を立てました。

 

1月19日に『クレコスnomuVアップ』がリニューアル発売になります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これは今まで販売しておりました『グルコサミン』と以前に販売していた『nomuR』というコラーゲンの健康食品とを合体させたような商品で、健康と美容を一緒にサポートすることをめざしてリニューアルしました。

 

人は歳を取ると段々と関節の中にある軟骨がすり減ってきます。もともと体内で生成されたものですが、

加齢とともに生成できる量が少なくなってきます。

 

また加齢とともに体重が増加してしまうのも関節を痛めてしまう原因の一つです。

60歳以上になると女性の40%男性の20%が変性関節痛に悩まされるのです。

私自身も昔の骨折の影響で右足に痛みがあり、以前は両方のかかとは加齢による足底の筋肉の老化で、

ヒールの靴で歩く事が苦痛になるような痛みがありました。

5年ほど前には東京へ出張した折に靴屋さんに飛び込んでかかとのクッションを入れてもらったことも。

それが今ではすっかり忘れているほど痛みが無くなりました。

 

新商品の『nomuVアップ』も発売前にテスト品として飲んでおりますが、

バージョンUPされたのを体で感じています。

 

 

成分は基本的に北海道産の鮭の氷頭や、オオイタドリの新芽など国産の原料を使い、

クレコスの特徴として菊の花から抽出された、えんめい楽という成分を加えています。

菊の花は昔から山形や新潟で美容健康食として食べられてきました。

 

クレコス化粧品と、内面から体を支えるクレコスの二つの健康食品は欠かせませんが、

これだけでいいというわけでもありません。これらはあくまで補助としての役割を果たします。

何より大事なのはこころがけ。昨年まで100歳を超える義母の介護をしながら感じておりましたが、

人間は幾つになっても生きている限り回復しようとする力を持っています。

そのための努力として今年は『歩く』を目標にしようと思います。

少しは痩せるかも…も期待して。

 

全国組織で、『元気に100歳クラブ』という組織があります。

モットーは“元気が最高のボランティア”、本当にそうだと思います。

元気でいることが医療費にも介護保険にもお世話にならない、社会に対するボランティアになることだと思います。

様々な事情があってご病気の方も介護の必要な方もおられることでしょう。

自分もいつお世話にならないとも限りません。

でも出来るだけ自助自立の精神で100歳まで元気で生活できることを目指してまいります。

 

 今年は『元気に100歳クラブ』の関西支部のお世話役を仰せつかりました。

ご入会いただける方は暮部までご一報ください。

年齢下限はありません。どなたでもどうぞ。