COLUMN of KEIKO KUREBE

暮部恵子のおしゃべりコラム

ナチュラルビューティースタイル展、

(2014年7月16日(水)~7月22日(火) 

  ジェイアール名古屋タカシマヤ 10階催し会場)

 

美容家吉川千明さんの選んだオーガニックコスメへ出展してまいりました。

 

2014-07-16-21-43-38_deco.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

美容家吉川千明さんの選んだオーガニックコスメへ出展してまいりました。

名古屋では何回も催されている催事ですが、クレコスは初めての出展です。

とにかく名古屋は人が多いです。駅ビルのデパートで日本一の売り上げを誇る

ジェイアール名古屋タカシマヤです。他に駅前にデパートがない事もあって、

駅構内といい、デパート内といい、人・人・人です。

 

ブースは25社ほど出ています。海外の物が多く外人さんや男性のスタッフも多い

です。この頃はメイクも男性の方がお客様の受けがいいようですね。

 

クレコスは初出展ですので、取りあえず名前を憶えてもらう事を第一の目的にして

おりましたが、結構お買い上げいただける方が多くて嬉しい事でございます。

 

いつもフリーダイアルで買っていただいているお客様がお見えくださったり、初め

ての方もお話を熱心にお聞きいただいたり、社員も張り切っておりますが、なにせ少

ない社員で朝の9時半から夜の8時半まで、休憩は交代でするとはいえ、立ちっぱな

しのお仕事です。大変疲れますがどこの会社も同じ、競争相手の会社なのに連帯感が

生まれスタッフ同士励まし合って、あと2時間だから頑張りま

しょう!!などと言い合っています。

 

私は土日だけ立たせていただきました。

2014.7 ブログ画像.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

日曜日に、ある海外ブランドのスタッフがお客様を連れてクレコスへ来てくださいました。

QUONの初摘みミストにご興味があるらしく、説明を聞いてお買い上げいただきました。

後でお連れいただいたスタッフに聞きますと、この催事の常連さまでどこの会社のスタッフとも

親しく研究熱心でオーガニックコスメに精通していらっしゃる方で、

まずは一回目でお買上げなさることはない方なのだそうです。

そのスタッフは、○○さまが一回目でお買上げになるなんてすごいです!と

感心してくださいました。

そんな嬉しい事もあり、何とか名古屋でもぼちぼちとクレコスのご愛用者が

増えてくれればうれしいなと思っています。

 

また秋にも出展いたしますし、お盆にはうめだ阪急百貨店の「お茶を楽しむギャラ

リー」にて販売をいたします。大阪高島屋も吉川千明さんの催事があるようです。

 

是非皆さまお越しくださいませ。

 

2014年07月01日

今、皆さまにもっと見ていただけるようにクレコスのホームページ

を新しくしようとしています。

クレコスは割に早くからホームページを立ち上げていましたので、

今まで沢山の方にご覧になっていただいている事と思います。

時代と共に変えないといけないことも多々起こってまいります。

私も何年も前の写真のままだと、年々歳を取っていますのに、

詐欺のようになりますものね。

 

撮影2補正あり.jpg      NEC_0831.jpg 

 

68歳の私をご覧になっていただこうと、私の写真も撮り直しました。

お見苦しくないようにと、昔からクレコスのヘアメイクをお願いしている先生に

お越しいただき、久しぶりにメイクをしていただきました。

有名人のメイクも手掛けていらっしゃる方ですが、

古くからのお付き合いでとても気さくな先生です。

楽しくおしゃべりしながらメイクをしていただきました。

お洋服も久しぶりに新調しました。

 

場所は大阪駅にほど近い、ガラス張りのビルの20階、最上階です。

すぐ下に大阪駅の大屋根が見え、空中庭園のある梅田スカイビルや

グランフロントもすぐそこに見える、テラスガーデンでの撮影です。

 

当日の天気予報は雨。撮影日を伸ばそうという話も出たのですが、

梅雨の最中に伸ばして次の予定日が晴れる保証はありません。

WEB会社の社長さんや担当者さん、メイクの先生その他沢山の方の予定も

狂わせることになります。雨なら雨で仕方がないからやってしまいましょう

とゴーを出しました。

 

きっと雨は降らないという自信はあったのですが、当日は雨どころか

お日様が顔を出してくれました。皆さん、「やっぱり晴れ女ですねぇ...」

とおっしゃってくださいましたが、

「いえいえ皆さんの日頃の行いのおかげです。」と言いつつ、

強い思いは天にも不思議と通じるものだなと思いました。

 

新しいホームページもきっと素敵に出来上がると思います。

 

出来上がったらお知らせしますので、もう少しお待ちくださいね。

新潟に五頭山(ごずさん)という信仰の山があります。

その麓の自然豊かな里山に五頭自然学校があります。

 

resize_20140519134906.jpg

『人と自然。過去と未来。地域と地域。思いと思い。』を背景に

夢が広がるものがたり

愛が染み込むものがたり

生命が燃えるものがたり

交流が光るものがたり

心が肥えるものがたりの5つのストーリーを展開し

「美しいふる里を守る心を育てます。」

というコンセプトが五頭自然学校の活動理念です。

 

拠点は、新潟県阿賀野市の五頭にある"ぽっぽ五頭"という元ペンションです。

森の中にあり、すぐそばにはおいしい清水が湧き出していて、

薬草園も近くにあります。森あり、川あり、山あり、温泉ありの

自然活動をするにはもってこいの場所です。

 

何より、クレコスが支援して化粧品工場を持っている

障がい者福祉施設あおぞらソラシードのすぐ近くです。

このぽっぽ五頭へ行ってきました。

木造りの素敵なお部屋、窓から見える木々の木漏れ日に癒され、

お料理は東京の一流レストランにも負けないケータリングをお願いしました。

 

新潟春野菜のサラダ 根三つ葉のジェノベーゼ

春キャベツと白いんげんのスープ

鮮魚のポアレ南蛮海老ソースと

雑穀入り自然栽培米の酒粕焼きリゾット添え等

美味しそうでしょう。東京青山のレストランにいるような感じです。

 

また手作りのデザートもたくさんあっておいしかったことと言ったら...!!

食べるのに忙しくて写真を撮るのを忘れました。

 

何故ここへ行ったかと言いますと、

『クレコスいのちの森倶楽部』がこの五頭自然学校の法人会員になり

今後一緒に活動していくことになったからです。

 

なぜ新潟なのか...

 

自然学校の五十嵐校長は私たちの思いを実現してくれる活動をされているからです。

クレコスの『日本の文化、自然、伝統を次の世代に伝える』という思いです。

以前にも申し上げましたが、

日本で一番大切にしたい会社の著者でいらっしゃる坂本光司先生が

「自分がしたくても出来ないことをしている人がいれば、

その人を応援することは自分がしているのと同じことになるのです」

という事なのです。

 

クレコスいのちの森倶楽部も様々な活動をしてまいりましたが、

高齢化により積極的な動き回る活動が難しくなって参りました。

今後このような様々な団体に参加し、

一緒に考える事によって日本の森の事を考えていければと思います。

 

会員を募集しています、ぜひ皆さまもお入りください。

 

お問い合わせは、クレコス営業部 神内まで

 

会社で植えている薔薇が、お借りしている室生の畑にあります。手入れをしなければと思いつつ

消費税の諸々に追われ、ほったらかしになっていました。

 

ちょっと仕事も落ち着いたので、先日伸びた枝の剪定に行ってきました。

会社から車で1時間足らず、そこはトトロの世界です。山々に囲まれお昼でも静寂に包まれた

山里です。雪で倒れていないかなと思っていたネットも無事で、薔薇たちも寒さを乗り越えて

少し目が出て来ていました。栄養不足と水不足でやせ細っていましたので、かなり枝を払い元気

になってくれるように祈りながら肥料もやりました。

無題.jpg

 と、えらそうに言っていますが、私は見てるだけ...実は一か月前に会社で右足の親指に重い物を

落として骨折しているのです。それで、もっぱら作業はクレコスの工場顧問と社員との仕事です。

顧問はボランティアでお住まいの市の植物園の薔薇の手入れをしていらっしゃるいわば薔薇の専門

家です。社長は何もしないで危ないので座っていてください、と言われながらちょろちょろして

叱られていました。まだ草はそんなに生えていませんが、来月も手入れに行きます。

夏には社員総出で草取りです。

 

すぐ裏にヒノキの山があるのですが、ちょうど薔薇の畑のそばがイノシシと鹿の獣道になって

いたとかで立派な動物園のような網が張り巡らされていました。田舎の山里の雰囲気がなくなって

ちょっと残念な思いですが、住んでいらしゃる方にとっては死活問題なので、仕方がないですね。

 

ここの山の木を間伐させていただいて、クオンのパッケージを作ったのですが、私たちが木を

切った山は行政の手で間伐され、倒木がいっぱいになっていました。またこの倒木の処理が大変で

なのでしょうね。動物たちとの共生、森林を守り育てることの難しさを目の当たりに見た思いが

します。

 

私のやりたいことの一つに、薔薇水を作りたいという思いがあります。

バラ.jpg

10年前にこの薔薇たちが元気できれいに咲いていた京都府美山町の畑で薔薇の水蒸気蒸留をして

いい香りの薔薇水を作ったのですが、この室生に薔薇をお引越しさせて手入れが行き届かず

花が沢山咲きません。

何とか夢をもう一度!蒸留器いっぱいの花を摘んで、薔薇水を作りたいと思います。

 

沢山作って皆さんにおすそ分け出来ればいいのですが...。

どれだけ雪が降っても、寒さに震えていても春がやってくる日本が好きです。

四季のある国に生まれた幸せを感じます。

先日嬉しい大賞をいただきました。

ソーシャルプロダクツアワードという賞の一番の大賞です。

SPAタテ.jpg

[ソーシャルプロダクツとは、企業および他のすべての組織が、

生活者のみならず社会の事を考えて作り出す有形・

無形の対象物(商品・サービス)のことで、

持続可能な社会の実現に貢献するものである。]

と定義されています。

 

エコ(環境配慮)、オーガニック、フェアトレード、寄付、

地域伝統などを考えた商品を集め、審査し表彰するというものです。

まさしくクレコスが創業以来こつこつと、

皆様と共に身の丈に合った様々な支援をしたり、

商品づくりに取り入れたりしてきた事のすべてだといえます。

 

昨年創設されたアワードですが、

二年目にして審査団体の目に留まり出展をされませんか

というお声掛けをいただきました。

クレコスはクオンプロジェクトを掲げて早3年、

様々な活動をしてまいりました。

いのちの森倶楽部、障害者福祉、農業支援等それらをすべて商品に

反映していく取り組みは色々なところで評価され、

考え方を含めたトータルデザインが素晴らしいと、

グッドデザイン賞もいただきました。

 

SPA内容.jpg

 

さあこれからです。

これらの物はすべて20年という歴史の流れの中で

醸成され形つくられてきたものですが、

これをさらなる高みへ、

世の中の役に立つ商品にしていくには、

ご愛用してくださっている皆様のご協力あってこそ

成し遂げられるものなのです。

 

[日本でいちばん大切にしたい会社]の著者でいらっしゃる坂本光司教授は、

自分がしたくても出来ないことをしている会社を応援することは、

自分がそれをしているのと同じことだ...とおっしゃっています。

私たちも皆様にそのように思っていただける商品づくり、

ソーシャル活動をすることを目指して、クレコスの社員一同、

ここからが出発であると心を新たに頑張ってまいります。

そしてこのソーシャルプロダクツの考え方を商品を

購入する際の選択肢に加えてもらう事によって、

社会をより良いものにしていく消費の力として活用し、

「何が私たちの未来にとって良いのか「何を子供たちの世代に残せるのか」を

考えるきっかけにしていただければと思います。

良いものを選ぶ、その消費者の目がより良い社会を作る力になるのです。

皆さまの応援を心からお願い申し上げます。